乱れた生活に

セサミンを摂取すると肝機能向上もありって言うけど、どうして?

最近二日酔いが目立ってきた…と感じてはいませんか?
若い頃は全く二日酔いに悩まされることがなかったのに、加齢と同時に少しずつ、お酒に弱くなってきているような気がしている人は少なくないと思います。
そんな悩みを抱えているのであれば、それはもしかしたら肝臓機能が低下している証かもしれません。

もし、このように肝機能が低下しているのではないか…という症状に悩まされているのであれば、胡麻に含まれるセサミンと呼ばれる栄養素を毎日摂取していくことをおすすめします。
近年、セサミンには肝機能を向上させるはたらきがあるということがわかってきているからです。
しかし、何故セサミンにこのような効果があることが期待できるのでしょうか。

ここでは、セサミンと肝機能向上の関連性について、お話していきたいと思います。
肝臓では、アルコールを分解するときに活性酸素という物質が生成されるようになっています。
この活性酸素、一見名前からすると無害なものに見えるかもしれませんが、それは全くの勘違いです。
実際には、人間の細胞を酸化させてしまうのを助ける、非常に有害な物質なのです。

この活性酸素は加齢とともに除去することも難しくなってしまいます。
そのため、細胞はどんどん酸化していき、特に活性酸素が作り出される元である肝臓の酸化が進んでしまうことになるのです。
その結果、肝機能は低下し、アルコールを分解しにくくなって二日酔いしやすくなるなどの影響が出てくるようになるわけですね。
セサミンには、この肝機能を低下させる大元の原因となっている活性酸素を除去するという働きが備わっています。

よって、セサミンを補えば活性酸素をなくして肝臓の働きを助け、活発にしていくことができるのです。
このような効果があるため、セサミンは肝機能を向上させるためには非常に優れた栄養素であると言われています。
サプリメントなどであれば、毎日効率よく必要な量を補っていけるので、是非有効に活用して必要分を補っていきたいですね。

Copyright(C) 2013 効果的な摂取方法 All Rights Reserved.