乱れた生活に

抗酸化作用も期待できるセサミンの効き目とはどのような物ですか?

セサミンには強い抗酸化作用があります。
いろいろなところでこれは言われているので、一度は聞いたことはあるのではないでしょうか。
この抗酸化作用というものが具体的にどんなものであるかはご存知ですか?

まず知っておきたいのは私たちの体に「抗酸化作用」と「活性酸素」というものがあることです。
活性酸素は体をサビさせる敵!と思っている人も多いかもしれませんが実はそうではありません。
活性酸素というのは実は外部から侵入するウィルスを攻撃する強力な酸なのです。

主に運動後や食後に分泌されるこの活性酸素は非常に猪突猛進です。
とにかく外敵とみなしたものをどんどん攻撃していきます。
そしてある程度除去したところで本来ならばここで抗酸化作用が登場するのです。

抗酸化作用は見境なく武器を振り回す活性酸素に対し「はい、もういいよー」という指令を出しておとなしくさせるのです。
活性酸素は向う見ずな兵士、抗酸化作用はそれを指揮し動きを抑制する司令官と思えばいいかもしれませんね。
ですが、年齢を重ねるとこの指揮官である抗酸化作用の動きが鈍くなってしまいます。

すると活性酸素は猪突猛進ですので、「もういいよ」という指令がないのをいいことに暴れまくります。
そしてウィルスだけでなく正常な細胞までも攻撃し、サビさせてしまうのです。
年齢を重ねると疲れやすくなったりするのはこのせいなのです。

そこでセサミンの登場です。
セサミンには前述したように強い抗酸化作用があります。
外部から抗酸化作用を補うことによって、活性酸素を抑制するのです。
「でも本当にそんなうまくいってるの?」と思った人は、家にあるごま油を見てみてください。
なかなか酸化しませんよね?腐りにくいと思いませんか?

つまりそれだけ抗酸化作用が強い=酸化しにくいということなのです。
この酸化しにくいという作用が人間の体の中で作用していると思えば納得がいくのではないでしょうか。
抗酸化作用がきちんと働けば、年齢を重ねた時に出てくるような「疲れやすい」「肌がたるむ」「元気が出ない」といった症状も改善できる可能性が高くなります。
ぜひ習慣にして若々しい体を手に入れましょう。

Copyright(C) 2013 効果的な摂取方法 All Rights Reserved.