乱れた生活に

セサミンに含まれる脂質成分とはどのような物ですか?

今注目のセサミンを含んでいるのはご存知のとおり、ごまです。
ごまはあんなにも小さいものですが、その大半は脂質でできていると言われており、セサミンはその中のわずか1%程度であると言われています。
つまり、たくさんのセサミンを摂取しようと思ったらたくさんのごまを摂取しなくてはいけないということになります。
そうなれば、脂質もかなりの量を摂取します。

カロリーオーバーになってしまうことは避けられません。
そこで有効に利用したいのがサプリメントなのです。
「でも、セサミンもごまから抽出したものだし…脂質多いんじゃないの?」と疑問を持つ方もいるでしょう。
ですが、そんなことはありません。

確かに脂質はセサミンにも含まれていますが、その脂質自体決して悪いものではないのです。
脂質と効くとどうしても「=カロリー」という方程式が作られてしまい「悪いもの」というイメージを持ってしまいがちです。
ですが、脂質の中にも2つのものがあります。
1つは動物由来の「飽和脂肪酸」、もう1つは植物由来の「不飽和脂肪酸」です。

飽和脂肪酸は肉などに含まれており、コレステロールや中性脂肪を増やす、いわゆる「悪者」です。
ですが不飽和脂肪酸は逆に、ダイエット効果やコレステロールの低下など良い効果をもたらしてくれるものなのです。
また血液サラサラ効果や血圧コントロールなどもできます。

脂質であるにもかかわらず、同じ脂質においての悩みを解決できる、というのが不飽和脂肪酸の特徴です。
体にとってよい働きをする脂質ですので、どちらかといえば積極的に摂取していきたいものです。
また動物由来の飽和脂肪酸を摂取しすぎてしまった、と感じた時にも、同時に不飽和脂肪酸を摂取しておけば、コレステロールが増えすぎてしまうことを防いでくれます。

セサミンに含まれている脂質は悪いものではありません。
適度に摂取すれば、体に良い効果をもたらしてくれます。
特に気にすることなく、サプリメントを摂取していくことをオススメしますよ。

Copyright(C) 2013 効果的な摂取方法 All Rights Reserved.